ゲーマーに相談だ。

PR

ゲーマーふところあったか応援販売

久しぶりの日記更新です? やる気がない症候群になってました やっと復活??
だって、ダンガンロンパ の先が気になるんですもん?見掛けによらず、ゲーマーなまおさん
ゲーム に没頭していました

今日は優雅に朝からモーニング??
今日は10時?18時の出勤です
午後の枠はまだ空きがありますので、ご予約お待ちしております

ゲーマー通販サーチ

今日は室内用の安全でめっちゃ楽しいドローンの世界があるよ、って記事です。
手のひらサイズのドローンです。19グラムくらいなので人口密集地域とか飛行禁止区域とか関係ないのです。室内専用ですからね。
 でも実はTinyWhoop(タイニーフープ)というのは商品名ではありません。名前の由来は海外のレースドローンチームが遊びではじめたのがきっかけでその可愛らしい姿から世界で大人気な遊びとなっております。 
まずはこの映像を見てもらうとその楽しさが伝わるかな~重さも19グラムでとっても軽く、プロペラガードが付いているのでとっても安全。プロペラの色を買えたりボディーの色を買えたりと、要は大人のミニ四駆的な楽しみもあります。   もう、お洒落すぎて鼻血がでる。  これをゲットする方法としてはの概要としてはこう↓ プラン1・めちゃ小さいドローンを買う(blade inductrixとか)・それに映像送信機付きカメラを取り付ける・重量増加に伴いモーターを取り替える・バッテリーの予備を買う・プラン2・blade inductrix FPVなどの完成品を買う。 あとFPV(一人称視点)で行うにはゴーグルタイプのモニターが必要ですが、TinyWhoop専用に購入するならそんなにいいものは必要ありません。プロポもそうです。  それとこれは大事。映像転送に5.8Ghzの電波帯を仕様する場合にはアマチュア無線4級が必要となります。一応ね。  こんなオシャレな動画作ってドローンのイメージアップしたいですね!番外編として室内用ドローン制作の記事も上げていこうと思います。 ではではsee you

★こちらの記事を読んでいただきありがとうございます★
 大好きな神栖市を私達で盛り上げよう!お世話になっている地域の皆様に貢献したい!神栖情報のランキング挑戦してます。クリックで応援してください! 

この記事を書いた人:犬飼豊紀アトム電器土合店/犬飼電工㈱ 代表取締役。
 1979年茨城県神栖市生まれ。レコーディング・エンジニアとしてCD音源作成に携わる。地元に戻り家業を引き継ぐ。音楽、釣り、機械いじり大好き。最近はドローン空撮とレース用ドローンにハマるゲーマー電気工事士(プロフィール)
 電気工事・パソコンの『困った』解決します!ブログを読んだ!とお問合わせ下さい!
 TEL 0479-48-5225

PR

コメントは受け付けていません。