自動車保険の等級はどうやって決まる?

PR

自動車保険の保険料を決める際、大きな要素となるのが「等級」です。

一般的に、自動車保険は事故を起こしやすいほど高く、起こしにくいほど安くなるように設定されています。

そのため、自動車保険に加入してからの事故歴によって1から20の等級に分け、この等級を元にして自動車保険に割引が適用されるようになっています。

このような制度を「ノンフリート等級別税率制度」と呼びます。

初めて自動車保険に加入した人の等級は、6になっています。

そのまま1年間事故を起こさなければ、等級が1つ上がります。

反対に保険期間中に事故を起こして自動車保険を使ってしまうと、等級は3つ下がってしまうのが原則です。

ただし、事故の内容によって等級が下がらないこともありますし、1つ上がるようなケースもあります。

しかし、同じ等級であっても、1等級上がってなったものと、3等級下がってなったものとでは意味合いが異なります。

このような場合、どちらがより事故を起こしやすいかと考えると、後者となります。

以前はこのような場合でも等級が同じなら割引率も同じでした。

しかし、現在では「事故なし」の場合と「事故あり」の場合で異なる割引率が適用されるようになりました。

保険料は等級によってずいぶんと異なるため、単純にランキングなどで見比べてみても、今の自分の等級ではどのくらいの料金なのかというのは分かりにくいです。

そのため、ランキングでめぼしい保険を見つけたら、個別見積もりをしてみることをお勧めします。

PR

コメントは受け付けていません。