ダイレクト系自動車保険のメリットとデメリット

PR

最近の自動車保険ランキングでよく見かけるようになったのが、「ダイレクト系」といわれる自動車保険です。

「通販型自動車保険」とも呼ばれており、世代別のランキングを見ると若い人を中心に支持を集めています。

ダイレクト系自動車保険が選ばれる理由は、なんといっても保険料の安さにあります。

実際のところ、代理店系とダイレクト系で契約できる自動車保険の内容に差はありません。

補償内容がまったく同じであっても、代理店の手数料を支払わない分、保険料は安くなります。

平均すると、代理店型よりも大体2割から3割安くなることが多いようです。

また、インターネットを利用して簡単に複数の保険会社を比較することができるため、より安い保険を見つけやすいというのもポイントです。

ただし、ダイレクト系自動車保険にもデメリットはあります。

その中でも大きいのが、すべての手続きを自分でしなければならないということです。

実際に契約するのはもちろんのこと、契約を変更する場合や、保険金を請求する場合などもすべて自分で手続きする必要があります。

代理店型で契約すれば、それらの手続きは代理店が代行してくれるため、手間はかかりません。

とにかくできるだけ保険料を抑えたいという人にはダイレクト系自動車保険がお勧めですが、手間や面倒はできるだけ避けたい、または面と向かってアドバイスを聞きたいという人には、代理店型自動車保険が向いているといえます。

こうしたメリットやデメリットをしっかりと把握し、何を重視するかで条件に合う自動車保険を選択することが大切です。

PR

コメントは受け付けていません。