車の保険の種類

自動車保険 - 自動車 保険 比較

車の保険の種類
自動車保険は自賠責と任意に分けられます。
自賠責は強制保険ですから、すべての人が加入しなければなりません。
人身事故の場合に保険金が支払われます。
傷害の場合120万円、脂肪の場合3,000万円が限度となっています。
自動車で事故を起こした時に重大事故になる可能性が高いため、強制保険によって補てんすることが目的です。
一方、任意保険は人身事故を含むすべての事故に対して補償するものです。
現実的にはほとんどの人が任意保険に入っているでしょう。
対人賠償や対物賠償、搭乗者傷害などいろいろな場合に任保険が適用されます。
ただ、任意保険に入る時に自分で適用範囲を決めることができます。
当然ながら、適用範囲を広げると保険料が高くなります。
保険の比較サイトなどを見ると、適用範囲が明確になっていない場合もありますから、注意が必要でしょう。
保険会社が変わっても、補償される内容は大差ありません。
一度比較してみるとよいでしょう。
同じ補償で保険金額が違うのは、事故発生の確率が違うためです。
毎日車を運転している場合と、週末だけ運転する場合では、事故に遭う可能性が違います。
自動車保険では、事故を起こすと思われる人ほど高い保険料となっているのです。
事故を起こしたいと思っている人はいませんが、どうしても避けられないことです。
自分が加害者になった時のために任意保険に入っておくべきでしょう。
任意保険に入っていない車は15%程度いると言われています。
これはかなり高い数字です。


関連記事