車の保険とは

自動車保険 - 自動車 保険 比較

車の保険とは
車の保険は自動車保険なのですが、その中身は自賠責保険と任意保険に分けられます。
自賠責保険とは強制保険と呼ばれているように、自動車を購入した時に強制的に加入しなければならない自動車保険です。
自動車で万が一の事故が起きた場合には補償の額が大きくなると予想されるため、法律によって加入が義務付けられているのです。
未加入の場合は車検を通ることができませんから、自賠責保険に入っていない車はないと考えて間違いないでしょう。
任意保険は所有者が自由に加入する保険です。
一般に自動車保険と言う時にはこの任意保険のことを指しています。
任意保険では、補償の範囲を自分で決めることができますから、保険料はかなりの幅があります。
最近は複数の保険会社を比較して、安い保険料のところを選ぶ傾向にあります。
もちろん、比較することは悪いことではありませんし、これまでは無駄に高い保険料を払っていたと感じている人も少なくないのです。
保険会社のトータル的に比較してくれる比較サイトに人気が集まっています。
事故を起こさない限り、保険の適用はありませんから、結果的に無駄な費用となります。
それでも万が一の心配がありますから、たいていの人が自動車保険に加入するのです。
毎日自動車に乗る人と、週に1回程度乗る人が同じ保険では不公平だと感じている人も少なくありませんから、最近の保険は自動車を運転する状況に応じて、保険料が変わる仕組みとなっています。
自分の場合について、どのような条件を付けるべきかをしっかりと考えておきましょう。


関連記事