被写体 クオリティ&チャレンジ

被写体

「被写体」という幻想について

エロそうで可愛いというエロかわ系のりりちゃんとのポートレート撮影について、いよいよクライマックスに入りました。前回はフラリエの園内での撮影の序盤を紹介したところまででしたけど、今回はその続編となりますので、ご覧頂ければと思います。 今まで紹介したように、ニットワンピがとてもセクシーでキュートに写るりりちゃんとの撮影なので次の予定までの時間だったのであっという間に過ぎ去ろうとしてます。 なお、画像掲載については、本人の了解を得ておりますが、被写体が一般人ということもありますので、二次利用厳禁でお願いします。 フラリエでは好んで撮っている庭園風なところで何枚か撮影ですが、今まで撮ったことないような雰囲気でりりちゃんは脚を掛けるとは!短パン姿なのでちょっとドッキリしてしまいますけど、シャッターを切る指は止まりませんね。 石畳の上で胡座をかく仕草は最近とても好きです。可愛い子にそれをして貰うのが嬉しく感じますね。 この丸太の位置も好きなところです。この日も風がやや強めだったのでその点がつらかったです。 木製の橋を使わずにその付近の手すりなどで撮影です。いつもより色味を濃くしてみましたけどどちらが良いだろう。りりちゃんの可愛さで寄りを撮りたくなりそうですけど、私の場合はどうしてもどの相手に対してもある程度の距離感の撮影になってしまいますね。もっと、本能で顔の半分だけとかで撮る勇気が必要かもねw 最初の写真は二人で相談して撮りましたけど、何故かかなりエロいと思います。本当にこういう雰囲気が得意なので、普段から道を歩いている時にもエロい雰囲気を醸し出していたらヤバイと心配してしまいますが、そんなことは無いでしょうね。 フラリエでは撮影するところはかなり多数あるので、まだ廻りたかったのですけど、時間の都合でラストショットとなりました。りりちゃんとなら、再びこのロケ地で場所を変えて撮影出来ますけど、花が多い薔薇の時期などで来てみたいと思いますね。 以上で、エロかわ系のりりちゃんとのポートレート撮影の様子を終了します。朝早くから風の吹く中での撮影お疲れ様でした。また、よろしくお願いします。

被写体 街と街の、どまんなかへ。

たまには固い話は抜きで趣味のことでも(^ ^)まぁマーケットや運用に興味があって読んでくれている人達にとっては、どうでもいいって話なんでしょうが(^^;
まぁメンタル・コントロールの一つとしてこういう気分転換も大事ってことでお付き合いください(笑)

今の会社に入ったのが2011年の震災直後。それまで趣味らしい趣味もなく、仕事とマーケット一色だった自分。色々とあって少しはライフワークバランスというか、自分の時間を大事にしようと思い、それまで興味があってもやらずにきてしまったものをリストアップしてみました。

そこで最初に上がったのが「スキューバ・ダイビング」。入社して最初の夏休みに、とりあえずライセンスを取ろうと思いつき、一人サイパンへ。

まぁすっかりハマりましたね(^^;そこから一時は毎月のように行ってました(笑)少なくとも三連休は全て。

そこでもっと綺麗に海の中の写真を撮れるようになりたいと思い、カメラを購入。写真を撮るようになりました。海の中の写真ってムッチャ難しい。普通に撮れば全部真っ青になってしまう(青かぶり)。ガイドの友人に教えてもらったり、独学で勉強したりしながら少しずつ。

色の出し方、光のコントロール、絞りやシャッタースピード、露出、黒抜き、レタッチ…etc。学ぶことは沢山。でも少しずついい画が撮れるようになると嬉しくて♪

気がついてみたら、サイパンのマリアナ・ブルーの綺麗な海でごっついカメラ器材抱えて被写体追っかけてばかり(笑)写真やらない人から見ると滑稽なんです(^^;

サイパンで最高の海に出会い、写真を始めた。そこでまた3人のプロ・フォトグラファーに出会い、友人になった。彼らから沢山のことを教えてもらいました。
ちなみにこれだけ伊豆で撮った一枚。寒い海でしか出会えない愛しのダンゴウオ♪
彼らは教えてくれるだけではなく、様々な機会も与えてくれました。風景の撮り方、人物の撮り方…etc。
今の会社に入る前は「趣味はなんですか?」と聞かれると、「うーん、仕事?マーケット?」という状態だった人間が、今なら「ダイビングと写真です。」と即答出来るようになりました。最近は忙しくてちょっと出来ていないけれど(^^;
でもこういう趣味や時間を持てたことで、精神的には少しゆとりを持てるようになったのは確かな気がします。

ここ数年、大好きなサイパンが受難の時期を迎えています。台風(米軍が救援・支援に出動するぐらい大変な状況になった)、日本人観光客の減少、唯一の直行便がなくなるなど。何人もの現地の友人がサイパンから離れていってしまって心配でした。でもLCCが飛ぶ動きも出ているようで、少しホッとしています(シンガポールからだとどっちにしても直行はないけど)。年に一度は行きたい場所。人も海も最高で、自分にとってはダイビングと写真という大切な趣味を教えてくれた場所。また盛り上がってくれることを願っています。

[広告] 楽天市場

  • すぐに役立つ被写体別 画面構成【2500円以上送料無料】
  • ドルチェ 甘い被写体【動画配信】
  • 撮影用 ライト LED電球 LEDライトバルブ 5500K 蛍光管以上の明るさ 35W 撮影 撮影照明用 LUFAS LIGHT Ra90
  • あす楽無料】商品 撮影 や 人物 撮影に コンパクトに折りたたみできる 丸レフ板 < 60cm >★◎★
  • INON(イノン) LE700-W Type2 ダイビング用LEDライト【02P20May18】
  • 写ルンです 1600Hiスピード 27枚撮り 富士フィルム
関連記事