自動車保険の保険料

自動車保険 - 自動車 保険 比較

自動車保険の保険料
自動車保険の一般的な仕組みとして、事故を起こすと翌年の保険料が高くなります。
これは自動車保険の性質上、避けられないことです。
ただ、2013年の10月に保険制度の変更が行われており、それまでと比較すると保険料の上昇が大きくなっています。
家計への負担が大きくなるため、保険を見直している人が増えています。
保険料が上がることで不満の電話を心配している保険担当者も少なくないと言われています。
もちろん、事前に保険料が値上げされることは周知済みです。
しかし、ほとんどの人は通知を気に留めていないでしょう。
実際にお金を支払う時になって、やっと値上げのことを考えるからです。
値上げの根拠は等級制度の見直しです。
事故の履歴に応じて等級が決められます。
等級は事故を起こすリスクを示していると言えるでしょう。
等級が下がると保険料の割引率が下がりますから、支払額が上がることになります。
事故を起こして、保険金を受け取っているのですから、やむを得ないと考えるべきですが、自分で負担する保険料の高さに驚いてしまうでしょう。
1年間の無事故で等級は一つ上がります。
もちろん、事故を起こしても保険の申請をしなければ等級には影響しません。
少額の保険金はもらわないと言う考えもありますね。
結論を言えば、事故を起こさなければいいわけです。
もちろん、それなら保険に入る意味もありません。
現実にはどうしても避けられない事故があるため、そのリスク回避として自動車保険があります。
他社と比較して保険に入らないと言う選択肢を選ぶ人はほとんどいません。


関連記事