自動車保険について

自動車保険 - 自動車保険 乗り換え 安い

車を運転する上で、自動車保険に加入していることはとても大切なことです。

車を運転していれば、いつどんな事故を起こすかわかりません。

あるいは自分には非がなくても、他人の事故に巻き込まれるということもあります。

もしも自動車保険に未加入の状態で、交通事故を起こしてしまったら、車の修理代など全て自己負担になります。

自損事故で自分の車の修理代だけならまだしも、人身事故で人にケガをさせてしまったり、物損事故で他人の車、建物などに損傷を与えてしまったりすると大変です。

まして相手が死亡してしまったり、重い後遺症の残るケガを負わせてしまったりした場合には、治療費、賠償金はかなり高額になります。

ひどいときには何億というお金が必要になることもあります。

あってはいけないことですが、もしかのときのために自動車保険への加入はとても大切なことなのです。

自動車保険には、車を購入するときに強制的に入ることになる「自賠責保険」。

入るかどうかは個人の自由となる「任意保険」があります。

任意保険といっても、大抵の場合は加入することになります。

自賠責保険だけでは、賠償金、治療費などすべてを払うことが難しいため、補償されていない部分を任意保険で補うのです。

任意保険には、いろいろな種類があります。

たくさんある保険の中から自分に必要なものを選んで加入します。

価格も、自賠責保険はどこの保険会社でも同じですが、任意保険の場合かなり違いがあります。

そのためいくつかの保険会社を選んで、見積もりをして、安いところを選ぶといいと思います。

最初にあまり他社と比較することなく任意保険に加入してしまった人は、一度乗り換えについて検討してみるといいと思います。

自動車保険は一昔前のものとは違っています。

乗り換えをすると、保険の選び方によって、今加入しているものよりもかなり安い金額で加入できる保険会社もあります。

一度入ったらそのまま毎年自動更新で放置するのではなく、定期的に見直すことでかなり保険代を節約できると思います。

関連記事