自動車保険と補償

自動車保険 - 自動車 保険 比較

自動車保険と補償
車の事故で死亡したり、障害者となってしまう場合があります。
自分が加害者の場合には保険金で賠償をすることになります。
保険料が安いからと補償内容を制限していると、十分な補償をできないケースも出てきます。
そのようなことがないように対人賠償、対物賠償は無制限にしておくべきだと言われています。
実際の事故では年齢に応じて少しずつ違いますが、1億円弱が損害額として算定されています。
自動車保険の保険料ばかりを比較するのではなく、補償内容をしっかりと押さえておくことが大切です。
人身傷害補償では搭乗者補償もあります。
運転者本人だけではなく、助手席に乗っていた人などを補償するものです。
いずれも事故を起こさなければ必要なものです。
日ごろから安全運転をすることが大切ですね。
自動車保険の補償は人に対する補償だけではなく、物に対する補償もあります。
対物賠償です。
相手の車や破損した家屋なども対象となります。
自分の車の場合は車両保険です。
新車の場合は、新車特約を付けることで買い替えができるだけの保険金が支払われます。
いずれにしても事故を起こすとお金のことだけで済むわけではありません。
相手の日常生活を奪ってしまいますし、自分の生活も影響を受けるでしょう。
事故に遭ってから考えるのではなく、運転する時には常に安全のことを考えておきましょう。
自動車保険を比較して安くなったと喜んでいるだけではいけません。
補償内容をもう一度見直してみましょう。


関連記事