自動車保険と事故

自動車保険 - 自動車 保険 比較

自動車保険と事故
自動車保険の新等級制度が導入されました。
これにより事故を起こした人は翌年の保険料が高くなることになります。
事故を起こさなければ、1等級ずつ上がっていく仕組みですから、当然の処置と考えなければなりません。
事故を起こして保険金の給付を受けることは損保会社にとって経費が増えることになります。
全体の保険料を上げるのではなく、事故を起こした人だけが余計に保険料を払うのです。
複数の会社を比較してしても同じ考えですから、比較の意味はありません。
複数の会社を比較するのは無事故で過ごしている人だけにメリットがあると言えるでしょう。
ただ、ライフスタイルによって自動車利用方法が違います。
事故のリスクも違っているでしょう。
それを同じ保険料とするのは割に合わないと思う人もいるかもしれません。
ただ、無事故の場合は等級が上がっていきますから、割引率が高くなり保険料は安く抑えることができます。
保険の内容を見直すことで保険料を安くしたいと思っているかもしれません。
しかし、事故を起こしてしまえば同じことです。
改正前の等級制度の問題は不公平感です。
事故を起こした人と無事故の人が同じ等級となっていたため、無事故の人が事故の補償をしていることになるからです。
改正後は事故を起こすと3等級下げられます。
割引率が下がるため、これまで以上に保険料が上がります。
いずれにしても、事故を起こさなければ何の問題もありません。
安全運転が一番です。


関連記事