現代の保険

自動車保険 - 自動車保険 乗り換え 安い

どこの保険会社で自動車保険をかけても同じだと思っている人は意外に多いです。

しかし1996年以降、金融制度の自由化が進んで現在自動車保険を扱う会社は20社以上になっています。

同じ条件で自動車保険をかけても、中間コストをカットしたダイレクト型保険などが登場したことで価格にかなりの差が出てきています。

一昔前は、利用者と保険会社の間には代理店、保険会社の支店などが仲介をして、その分中間コストがかかっていました。

それがダイレクト保険ならば、契約者と保険会社が直接インターネットなどでやり取りをできるため、中間コストがかからず安い保険料ですみます。

各保険会社は、安い保険料を提供するだけではなく、特約、ロードサービスなどで他社と差をつけようとしています。

利用者側からみれば、自分に合った保険を選べるようになってきているのです。

車種、利用頻度、利用目的、家族構成、予算など人によって違うのは当たり前のことです。

自分に合った保険に乗り換えることで、かなり保険料を安くして、内容の充実をはかることができます。

20代で車を買ったときの保険のままにして、自動更新をしている人、かなり損をしていると思います。

家族構成、免許の種類、利用頻度など大きく変わっていると思います。

保険の内容を見直せば、保険の支払額はお得になる可能性が高いです。

また保険料だけではなく、サポート面においても、いろいろなサービスが増えていますから見直すことで、今よりもいいサポートを受けることができます。

保険の乗り換えを考えるのは面倒だと思う人も多いでしょう。

しかし今は、インターネットから複数の保険会社の見積もりを一括で、しかもたった5分程度でできてしまうため、とても簡単です。

ぜひ一度、現代の保険で見積もりをしてみるといいと思います。

関連記事