海外シェアハウス事情

シェアハウス

知らないと損するシェアハウスの歴史

自転車を飛ばしながら、考えるのはかずのことばかりで。
シェアハウス大丈夫かなって思いながら、今度来る時はかずを自転車の後ろに乗せてこようって思ってた。
2人で風切って、坂道登ってかずの体温感じたいんだ。
かずを守る。
かずを愛してる。
それだけで良いってわかったから。
迷う時も、不安な時も、2人で手を繋いでいようって思えたから。
早くかずに会いたくて、どんなかずだってもう揺れない、迷わないって心の中で何度も言いながらペダルを漕いだ。
全力で自転車を漕いだせいか、ちょっと息切れしながら、シェアハウスの前で自転車から降りた。
 門を開けようとしたら、中から飛び出してきたはだけたシャツと下は丸出しで洋服抱えた男。
なんだアレ?
変態か?
いや、そうじゃねぇ。
そうだけど、そうじゃねぇ。
シェアハウスの中から出てきたんだよな?
かずは?
どっと冷や汗が背中を伝った。
自転車を玄関の横に置いて、家の中に飛び込む。
散らかった靴。
「かずっ」
慌ててリビングに駆け込む。
ソファーにいたはずのかずがそこに居なくて、ぶわっと汗が吹き出す。
どこだ?
その時2階から叫び声とガタガタ騒ぐ音がして、階段を駆け上がった。
開け放された櫻井さんの部屋のドアの前、真っ白な顔でつっ立ってるかずがいた。
目は櫻井さんの部屋の中に向かってて。
1点だけをじっと見つめてる。
迷子の子どもみたいな顔。
抱きしめてやりたいと思った。
「かず、大丈夫か?」
「..........」
「ごめんな。置いていって」
「..........」
俺の方を向いて、そっと歩いてきた。
なんだよ、その目は.....。
もしかして、俺のこと待ってたのか?
かずはなんにも言わなかったけど、俺はかずをぎゅっと抱きしめた。
カチンと固まったかずの身体からフッと力が抜けて、ゆっくり俺の方を見た。
誰?って、俺のことわかって無いみたいな顔で見た。
だけど、かずは俺の腕の中にいた。
振り払うことも、嫌がることもしなかった。
それだけで、すげぇ嬉しかった。
少しは俺の気持ち伝わったかもって、思えた。
その時、部屋の中から大きな叫び声とガタガタって音がした。
俺はかずのことしか頭になくて。
かずだけを見てたから、驚いた。
ヒステリックな相葉さんの声が怖かった。
「死なせてよ??」
「雅紀」
「もういいでしょ??もう嫌だ??もう何もかも嫌なんだ??こんなオレはもう要らない??」
何も着てない相葉さんの身体には赤い跡が沢山ついてて、2人の向こうに刃が出たままのカッターが見える。
何があったのかなんて、聞かなくてもわかった。
また、なのか?
こないだズタズタに傷ついて帰ってきた相葉さんの姿が目に浮かんでくる。
こんなこと、そんなにあることなのか?
あの逃げてったオトコが犯人?
どうやってこの家に入った?
アイツがあの悪魔?
それなら、アイツがまた来たらどうすんだ?
疑問ばっかり頭の中を巡る。
狙われてるのは相葉さんなんだよな?
でも、この家を知ってるならかずは?
その間も相葉さんは叫んでて、櫻井さんの声が間に聞こえる。
聞きたいことは沢山あるけど、怖くて、なんにも言えなくて。
言えるわけなくて。
俺がかずを抱きしめたら、かずは俺のシャツの裾の方をぎゅっとつかんだ。
「汚いオレに触らないで??悪魔が触ったオレなんかに触らないで??離してよ??離せ??」
相葉さんの声が響く。
錯乱って、言葉はこういう時に使うのかなんて思って、そんなこと考えてる場合じゃないのに。
怖くて、でもかずを守るのは俺だって。
それだけは思ってて。
暴れる相葉さんを抱きしめ続ける櫻井さんがすごくて。
「俺は雅紀が好きだよ。絶対にそれは変わらない。何があっても、変わらない」
あんなに全力で拒否してるのに
あんなに全力で抱きしめてる。
抱きしめてるかずの顔をのぞき込んだら、真っ青な顔で、目には涙がいっぱいで。
唇を噛みしめてた。
不安にさせたくないんだ。
泣かせたくないんだ。
どうしたらいい?
噛みしめた唇に手をやって、口を開かせて血が出てないか確かめた。
暴れ続ける相葉さんが、かずに見える。
必死で逃げようとする相葉さんを、決して離さない櫻井さんの強さ。
揺るぎない想い。
抱きしめ続ける櫻井さんに、突然、相葉さんが縋りつくように全身を預けた。
俺は、それをじっと見てた。
かずの温もりを感じながら、じっと見てた。

シェアハウスの新作の中から、通販一押し商品をセレクトして紹介。イベントやプレゼント・特価情報などもあります

送って行くよ。
早退させてもらえたって言ったら、しょーちゃんはすぐにそう言ってくれた。
大丈夫って言ったのに、心配だからって。
断りきれなくて、恐怖心もまだ完全には消えてなくて。
朝一緒に来た道を、またふたりで帰った。
海が見えるところをガタンガタンと走るローカル線はガラガラで、僕はしょーちゃんの肩に凭れて、キラキラ光る海をずっと見ていた。
シェアハウスの玄関を開けたら和と大野くんの靴があった。
よかった。帰ってきた。
とりあえず退院して無事に帰ってきたことにほっとした。
夕飯は僕が作ろう。今日は和を、大野くんをゆっくりさせてあげよう。
和が好きなものを。
「ちゃんと休むんだよ。まだ雅紀も本調子じゃないんだから」
考えていたことが分かったのか、しょーちゃんがそう言った。
そして玄関を閉めるしょーちゃんが。そのまま。
僕をふわっと抱き締める。
思わず笑った。
「しょーちゃん?」
「ん?」
「その本調子じゃない僕に連日イケナイコトをしてたのは誰?」
「………えーと」
しょーちゃんが困ったように黙った。
そして。
「………イケナイコトなの?」
小さな声で言うから、おかしくて。
「イケナイコトだよ」
「そうだったのか………」
くすくすくす。
抱き締め合って、キスをしながら笑った。
「ありがとう、送ってくれて」
「どういたしまして。俺の部屋でちゃんと寝て」
「………うん」
「イケナイコトは、今日は自粛するから、夜もゆっくり休もう。やっぱりまだ顔色が悪い」
「うん、そうする。でもしょーちゃん。今日は………ってことは、明日は?」
「明日は………する、と、思う」
ごめんって言うしょーちゃんに、僕はまた笑った。
謝ることなんて、ないのに。
笑っていたら、しょーちゃんがまさきーってちょっと情けない声で僕を呼んだ。
「気づいた?さっき」
「さっき?何かあった?」
「帰る時に、すっごい見られてたと思うけど………」
「そう?」
見られてた?誰が?誰に?
よく分からなくて、身体を少し離してしょーちゃんを見た。
しょーちゃんは眉毛を八の字にして、気づいてないなこれは………って、苦笑いをしている。
「雅紀は俺のコイビトだからなっ」
「しょーちゃん?」
ますます分からなくて、どういうこと?って聞くけど、しょーちゃんは教えてくれなかった。
「雅紀」
「………ん」
キス、される。キスをする。
しょーちゃんとの『明日』を期待して酔うキス。
この人に、いつまででもこうしていて欲しい。抱いていて欲しい。
リアルの世界の恐怖に、耐えられる自信はまだない、から。
「今度また、雅紀の休みの前の日に、マンションに泊まろう」
「マンションに?」
「マンションに。その方が」
ゆっくり気兼ねなくイケナイコトができる。
僕の頬を両手で挟んで、熱っぽいキスと一緒に言われて、心拍と体温が上がる、感じ。
「………うん。そうしたい」
僕もしょーちゃんの頬を両手で挟んでキスをして、そう答えた。
「………雅紀」
囁くみたいな吐息の声。
僕の唇から外れたしょーちゃんの唇が、耳から首筋へとおりる。おりていく。
ここ、玄関。
しょーちゃんは、病院に戻らないといけないのに。
「………しょーちゃ」
背中を撫でる手にゾクゾクする。
目を閉じる。
しょーちゃんの熱い息。身体。手。
「あ」
「………ん?」
「………二宮くん」
「え?」
僕の肩にちょっと隠れるみたいにしてリビングの方を見るその視線を辿って後ろを見れば、生気のない顔でこっちをじっと見ている和が居た。
そのすぐ横には、変に強張った顔の、大野くん。
「………見られちゃったね」
「いつから見てたんだろう。は…恥ずかしい」
ブツブツ言いながら、しょーちゃんはそっと僕から腕を解いた。
「恥ずかしいから行くわ」
「僕も恥ずかしいんだけど」
「………頑張れ」
くすくすくすくす。
笑って。
「行ってくる」
「うん、ありがとう。行ってらっしゃい」
玄関に手をかけたしょーちゃんが、素早くキスをしてきて、びっくりした。
「もうっ………」
「ごめん」
まだそこに和と大野くんが居るのに。
しょーちゃんはイタズラっぽく笑って、玄関を開けて戻って行った。
僕はその背中に手を振った。
[広告] 楽天市場
  • 送料無料 絵画 海 インテリア 風景画 南国の楽園 アートパネル 壁飾り モダン 海の景色 青い海とヤシの木 リゾット ハワイアン 島 砂浜  ハワイ アートパネル 5パネルセットAirbnb 民泊 シェアハウス 装飾
  • 甘くとろけるシェアハウス4【電子書籍】[ 高瀬りおこ ]
  • この男子、シェアハウスで小説書いてます。(1) (星海社COMICS) [ 山本 蒼美 ]
  • 荻窪シェアハウス小助川 (新潮文庫) [ 小路幸也 ]
  • 送料無料 浮世絵 絵画・アートパネル 【開運絵画】 浮世絵 神奈川沖浪裏 葛飾北斎 壁掛け アートパネル 完成品 パネル 海 壁飾り絵画 すぐ飾るAirbnb 民泊 シェアハウス 装飾
  • これからのシェアハウスビジネス 地域活性化で日本再生! [ 三浦展 ]
関連記事