年齢と車保険

自動車保険 - 自動車 保険 比較

年齢と車保険
おとなの自動車保険と言う商品があります。
これは40代、50代をターゲットとした自動車保険です。
40代、50代は事故率が低いですから、その分保険料を安くできる商品です。
自動車事故と年齢を比較してみるとすぐにわかるのですが、10代、20代は事故を起こす確率がかなり高くなっています。
そのため一般の自動車保険でも20歳まで、23歳まで、25歳以上と細かく区分されています。
事故を起こす人が多ければ、保険料は当然高くなります。
自分は起こさないと言っても、加入者全員で支払うのが保険です。
やむを得ないでしょう。
年齢区分を設けている場合、35歳以上は一律です。
それを40代、50代と区分することで割引率を上げようと言うことです。
統計では40歳から60歳までが一番事故率は低くなっています。
若者と比較するとかなりの差でしょう。
保険の支払金額も大きく差が出ます。
60歳を越えると若干上昇しますが、おとなの保険が同率で保険料を上げているわけではありません。
自動車保険はいかに安い保険料にするかが重要となっています。
それ以外の補償内容は比較しても、ほとんど差がないからです。
年齢とともに反射神経が鈍り、事故を起こしやすくなります。
必要時以外は車に乗らないとしても、生活パターンによってどうしても必要となる場合が多いのです。
現代は車社会ですから、車がなければ機能しないと言う面が強いのです。
自動車保険は万が一のためのものです。
保険料を安くしているからと言って、補償内容を極端に削減することはできません。


関連記事