冷静とゲーマーのあいだ

ゲーマー

ゲーマーの世界

2014年11月14日に幕を開けたWAR→P!
本日が3周年。3歳のお誕生日です。
おめでとうございます!!!??(*´?`*)??
当時は、役者がNPCになる新感覚のコンテンツ、という見出しに面白そう!だけどどんな感じなのだろう?と、ゲーマーなのでなんとなくの想像でワクワクして飛び入ったわたし。
蓋を開けてみたら想像の域を遥かに超えた面白いコンテンツで。β公演から全公演に参加させていただいていることがとってもとっても幸せです。
WAR→P!の特に好きなところは、「お客様が主人公」という謳い文句が本当にそうであるところ。お客様がいなければ始まらないし、お客様によって想像しないくらい作品が膨らんでいく世界に、毎回わくわくさせていただいています。
だからこそ、NPCとしての私がいられるのは、お客様みなさまのおかげだという気持ちが大きくて。
おめでとうございますと共に、ありがとうございます(*´?`*)
初演のフォルローグ。

この時には、私の中でこんなに大きな存在のコンテンツになるとは気づいていなかったです。

自分の中でいろんな気づきや閃きが起きた2公演目、ソレンシア。
3公演目、初めてのコラボ公演、to ナンジャタウン。

いつもと違う構造の公演で新たな可能性をひしひしと感じさせていただきつつ、新たな役をつかんだ気持ちでとっても楽しかった(*´ω`*)

4公演目、Troupe。

初めての現代物。初めて任されたことも多く、日々レベルアップに挑んでいる気持ちでした。

懐かしい(笑)

そして5公演目、初の遠征TRPGフェス。
初めての構成とともに2役への挑戦。TRPGフェスという場所柄、新たな冒険者もたくさん増えてくださって、歴戦の冒険者たちと新たな冒険者たちが協力しているお姿が素敵すぎて感動しました。

わぁぷくん、3歳にして成長が著しくて、付いて行くのも大変です。大変…楽しいです(*´?`*)?
次のワープゲートはいつ開くのか?その時に自分がいるのかは分かりませんが、
WAR→P!はこれからもきっとずっと邁進していくコンテンツ。3年前の私もよく分からないまま飛び込んでその面白さにおののいた経験があり、体験しないと分からない興奮がたくさんあるコンテンツなので、
体験したことがない皆様は、よく分からなくても次の機会には是非体験してみていただきたいです!
4年目も、楽しみにしています!おめでとう!

ゲーマーの購入で迷っているならレビューを見よう

おお・・・久しぶりに記事を書こうと思ったら、エディタが変わっている!!使いやすいといいなあ・・・。ついでに基本の文体も変えました。ずっと読んでくださっている方々は戸惑われるかもしれませんが、よろしくお願いします。   最近の娘の様子です。 新学期はつい昨日始まりました。通信制は前期と後期の二期制なので、調子が狂います。制服の代わりに黒のスーツなんですが、なぜかそのいでたちで電車に乗るのが嫌だからと車で送迎を頼まれました・・・なんでやねん。まあ、始業式が終わるまで少し散策できるのでよしとしましたが。  通学日は週に1~2日なのでけっこう好き勝手にやっていますが、長いお休み中に新しい生活リズムが生まれていて、だいたいこんな感じです。 毎日、朝に英単語を暗記したあとは、だいたいテレビを見たり、ゲームをしています。ゲームはDSやスマホゲームだけではなく、オンラインゲームもしているけっこうなゲーマーです。オンラインゲームは好きな声優さんが出ているという理由で始めたので、さすがにチャットしながら見知らぬ人と共闘したりとかはしていません。まあ、ゲーム機自体はもともと家にあったので始めやすかったようですが昼食後は、オンライン講座を受けた後にそのままPCで動画を見たりしています。合間に簡単な掃除はしてくれる・・・という日常ですが、こうして書きだしてみるとあまり運動をしていないですな。ううむ。と思っていたら、自主的に筋トレ的な事を始めたようで、「ママもやる?」と誘われました。 体調は目の使いすぎによる肩こりはありますが( ̄_ ̄ i)、足の痛みなどはないようなので、大丈夫なようです。 この頃は障害者について興味を持ち始めていて、ネットでいろいろと調べているようです。交流会でも(手帳について)生の声を聞いたりしていたりしたので、家族で出かける時に手帳を使うことは抵抗がないようです。おかげでいろいろと行動範囲が広くなって、閉じこもりがちにならなくてよかったなあ、と。そうか、社会に出ていくために障害者割引があるんだなあ、と思う今日この頃でした。  障害者割引もそうですが、障害を持つ人に対しての対応についてネットを見ていると「えこひいきしてずるい!」という声を見たりしていますが、例えば学習障害の子にタブレットを使うことによって、そこではじめて他の子と同じ位置に立てたりだとか、もっと端的に言えば近視なども眼鏡がなければ普通の生活ができなかったりという、すでに当たり前だと思われているレベルで「他の人と同じような生活ができる手立て」だということをもっと知ってもらえたらな、と思います。   

関連記事
  • 理系のためのゲーマー入門

    ゲーマーの中心で愛を叫ぶあのさ、昨日買ったFATEDなんだけどさ…ほら、一応バッドエンドは確認したんだけど、トゥルーエンドはまだだから、それを確認するまでは遊ん ...

    2018/02/28

    ゲーマー

  • ゲーマーを極めた男

    厳選!「ゲーマー」の超簡単な活用法9個皆さんこんにちは!漂流絵師(自称)鳳翔太郎です。「艦これ」提督の皆様、秋イベ開始まで、あと10日ですが、準備の方はいかがで ...

    2018/02/25

    ゲーマー

  • ゲーマー おいしさを笑顔に

    ゲーマーこれさえあれば大丈夫新発売される商品の中から、一押し作品をセレクトして紹介。皆様こんばんは、倉持由香です。昨日はウルトラストリートファイターIV2014 ...

    2018/02/24

    ゲーマー