パンくずリスト
  • ホーム
  • ゲッツー
  • 今こそゲッツーの闇の部分について語ろう

今こそゲッツーの闇の部分について語ろう

ゲッツー

ゲッツーを推進!

例によって小説の合間に普通の?記事も入れておきます。

私は野球というスポーツにそれほど興味はなく、プロの方はもちろん、毎年この時期に甲子園で行われる全国高校野球選手権大会もテレビで観るような事はありませんでしたが、今年は岐阜から大垣日大高校が出ているという事で、昨日、奈良の天理高校との対戦を生中継で観戦しました。

ある人が大垣日大なんぞが天理に勝てるわけがない!とか言うものですからね、つい応援したくなってしまったのと、大垣日大の卒業生が職場にいましてね。

彼がこの前「どうせ勝てないんだから」と言って、母校から来たカンパのお願いをスルーしたとか言っていたんですよ。

それで何か心に引っかかったので、観てみたわけです。

結果は、6対0。

大垣日大が強豪の天理相手にたった6点失点という健闘ぶりで、もはや勝ちと言っても良い内容でした。

・・・見所と言えば、最終回の攻撃で一塁に猛然と飛び込んで相手のエラーを誘発してチャンスを繋いだ場面くらいでしたかね。

代打の選手に、せめて一矢くらいは報いてくれるんじゃないかと俄然期待したんですが、まさかここで凡ミスしないだろうな、という一抹の不安もありました。

そして、そのまさかが起こりました、ゲッツーであっという間に試合終了!

ある意味潔い幕切れとも言えますが、代打に立った彼にとって、この事が人生のトラウマにならないかが心配です。

こうして彼らの夏は早々と一つの終わりを迎えたわけですが、その健闘ぶりを称え、労をねぎらう声が大勢を占める中で、やはり少数ながらこんな声も出るでしょう。

「結果を出せなかった以上、ダメやダメや、ダメダメや」

なんて感じの声が。

高校野球に限らず、スポーツは勝負の世界ですから、オールorナッシングの論調で語られる事が多いですね。

プロなら尚更ですし、オリンピックなどでもメダルが取れなかったりすると、たまに言う人は言います。

もっと言えば、スポーツの世界に限らず・・・

我々企業戦士も、近年になるほど実績主義、能力主義の論調が現場に持ち込まれ、結果がすべて、みたいな事を言われる事が少なくありません。

要するにケツ叩かれるんで、皆大抵は嫌がるんですが、ケツ叩かないと働かない輩もいるモンですから。

まあ仕方ないと言えば仕方がなく、定年まで戦おうと思ったら、それなりの試行錯誤のうえの努力をもってあたらないと、この世界で生き残ってはいけないという危機感は私も持っています。

実際、「結果を出せ」と言う事自体、別に間違いではないと思いますが・・・

どうも闇雲にこの言葉が使われ過ぎているような印象を受けるのも確かなんですよ。

まず結果って何や?、と。

勝ち負けがすべてだと言うなら、スポーツの世界は必ず勝者敗者に分かれてしまうのだから、負けたら何もかもおしまいなのか?

能力や実績が点数換算されてそれで順位がつけば、絶対最下位の人間みたいなのも出て来ますが、その人は要らない人になるのか?

そんな人を片っ端から切り捨てていくような論調が、後のより良い結果に繋がるとは、私にはどうしても思えませんね。

なので、やっぱり結果というものは、色んな確度から見る必要があると思います。

昨日の大垣日大の試合、傍目にはあまり内容の良いものではありませんでしたが、あの場に出るまでの間の練習とか血のにじむような努力は、後輩の方々が見ている事でしょうし、勝利という結果は残せなかったにしても、先輩達が残したノウハウは後々に紡がれていくでしょう。

試合をただ観戦しただけの我々の目には勝敗という結果しか映りませんが、当事者の彼らにとっては勝敗だけではない、様々な意味ある「結果」が残されているわけです。

これは、もちろんキチンと検証され、それが後の結果に繋がるのは間違いありません。

数字に表れる実績しか見てねーような奴はダメや!

何が「結果を残せ」、だ?

上に褒められる部分の数字しか見てねーような奴が、安易に結果を語るな!

そんな奴に組織の幹部の資格はない!

・・・という愚痴はともかく、お前らはまさかこの盆中もメタルしか聴いてないなんて事は・・・そのまさかかよ!?

こんなブログを見ているメタルヘッド連中はとっくの昔に御存知かと思いますが、BON JOVIはメタルではありません。

もし中高生のメタルキッズで、ボンをメタルだと言っている子がいたら、優しく正してあげてください。

ボンはメタルじゃないんだよ、マザーファッカー・・・と。

ボンについて詳しい説明は不要かと思います。

個人的な好みで言えば、今は特別な思い入れはないですが、私がキッズの時分には後追いながらも80年代にボンが出した名作アルバム群にはそれなりに魅了されました。

私的に失速したな・・・と感じたのは、1995年の『These Days』あたりからで、その頃からボンはメタルどころかハードロックですらなくなったという印象でしたね。

音楽の良し悪しはともかくとして。

ですが、紹介した「It's My Life」は、日本のワケの分からんお笑い芸人が曲をネタに使って色々と台無しにした感はあるものの、かの名曲「Livin' On A Prayer」の続編との事で、ボンも良い曲を作るセンス自体は衰えていない事が証明されています。

まあ私は「Livin' On A Prayer」の頃の方が断然好きなんですが。

余談ですが、ボンを評価し始めたのは、母国のアメリカではなく日本からだったという話ですね。

そんなわけで、ボンは結構日本贔屓だったと記憶しています。

最近のボンはよく知らないので、もしかしたらどっかで慰安婦に謝れとか言ってるかもしれませんが・・・(笑)

まさか、単に盆だからボンを取り上げたとか思ってますか?

そのまさかだよ!

新しいゲッツーが走りはじめます

に参加中です!!


昨日は「良い事」も「悪い事」もあった1日。
まぁカープが勝てばオールOKな男。
謎のサラリーマンでございます

昨日は勝っていませんが、引き分けでもマジック点灯!

私(謎サラ)が愛読しているカープ応援ブログの皆さまもお花畑状態でございます
12回表、新井の場面はゲッツー
投手陣が踏ん張りましたね。

ついついプロ野球ニュース見ながらビールを

カープのフチ子さんも登場

謎ヨメは呆れて寝てました

ゲーム差のところに出るマジックが気持ちいいな?

実は十数年前、愛知で買ったテレビが調子悪く、買い替え前にもう一度確認したら、何故か復活

今日からは大きい画面でカープ応援ができます
( ̄∀ ̄)
今となっては小さなテレビですが
 
 

 

この拙いブログを読んで頂いている方
コチラをクリックで、応援お願いします
 
 

 

 

[広告] 楽天市場
  • JZB308 輸入 スタン・ゲッツ・ソロ集/ロケットミュージック(旧エイトカンパニィ)【メール便なら送料無料】
  • 【中古】 ゲッツ・オー・ゴー・ゴー /スタン・ゲッツアストラッド・ジルベルト(vo)ゲイリー・バートン(vib)ケニー・バレル(g)ジーン・チェリコ(b)エル 【中古】afb
  • 【中古】 オパス・デ・バップ /スタン・ゲッツ 【中古】afb
  • 【中古】 【輸入盤】Life in Jazz?Musical Biograph /スタン・ゲッツ 【中古】afb
  • 【メール便送料無料】Stan Getz / Moments In Time (Digipak) (輸入盤CD)(スタン・ゲッツ)
  • 【新品】俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 4 Blu-ray
関連記事