中高年におすすめの「おとなの自動車保険」

自動車保険 - 自動車保険 ランキング

自動車保険のランキングを見ると、世代ごとに人気の高い保険が異なることが分かります。

これは契約者の年代によって保険料が違ったり、重視するものが違ったりするためです。

そのため、自動車保険を選ぶ際には自分と同じ世代のランキングを参考にするのが良い方法だといえます。

保険料は事故を起こす確率に左右されるため、事故を起こしやすいとみなされる年代の契約は保険料も安くなります。

最も事故率が低い年代は、40代、50代と言われています。

しかし、通常の自動車保険は「全年齢」「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」という年齢設定のため、35歳でも、50歳でも、70歳でも同じ保険料が適用されていました。

そこで、最も事故率が低い40代、50代の保険料を下げるという仕組みを実現したのが「おとなの自動車保険」です。

確かに、年代によって事故率が異なるのに同じ保険料を支払うというのは、支払う側にとっては合点のいかない話ですね。

また、年齢を重ねるにつれ保険料は上がっていくのが通常ですが、おとなの自動車保険では60歳を越えても急激に保険料が上がるようなことはなく、70歳以上になると保険料は変動しなくなります。

これなら、年配の方も安心して加入することができますね。

さらにおとなの自動車保険は、特約が充実していることも人気の理由です。

同じくらいの保険料を支払うなら、補償内容は多いに越したことはありません。

40代、50代の方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょう。

関連記事