ダイレクト系と代理店型の自動車保険の違い

自動車保険 - 自動車保険 ランキング

自動車保険への加入方法というと、代理店の担当者と面と向かって契約するのが一般的なイメージかもしれません。

しかし、最近ではネットや電話を通して契約する「ダイレクト系」と呼ばれる通信販売での加入も多くなってきています。

自動車保険のランキングを見ると、30代から40代の人を中心に支持されているのがダイレクト系の自動車保険です。

契約などもすべてネットや電話を通して行われるため、事故などを起こさない限り、保険会社の人と直接顔を合わせることはありません。

また、加入条件などを自分の思った通りに設定することもできるため、自分ですべてをしっかり決めたいという人にお勧めです。

また、ダイレクト系の自動車保険は代理店をはさまないため、その分の手数料が安くなります。

できるだけ保険料を安くしせたいという人には、向いている自動車保険といえるでしょう。

それに対し、代理店型は手数料がかかるものの、面と向かってじっくりと相談ができます。

担当の人が同じなら、万が一事故を起こした場合も会ったことがある人が担当してくれるため、心理的にも心強いでしょう。

また、書類作成の際も直接書き方を教えてもらうことができるため、自分で手間をかけて調べる必要もありません。

ネット上には、代理店型、ダイレクト系とそれぞれのランキングがあるので、口コミなどで評価が高い保険を簡単に調べることができます。

保険料だけでなく、補償内容などもしっかり考えて最適な自動車保険を選びたいものですね。

関連記事