ゲーマー たっぷり、たのしい。

ゲーマー

ゲーマーにうってつけの日

今日もやる気がないので、映画を見た Pixels現実味のない、ゲーマーの理想に付き合わされた時間だった。ゲームの達人が世界を救う、ヒーロー物語です。殿堂入りのゲームばっかりが登場しました。 ついでに、パックマンのデザイナー岩谷徹も本人役で登場しました。 地球全体がゲーム機になったようなシーンは、ゲーマーだったらそう感じるんだろうなと思いました。ゲームの人物が好きすぎて、この地球ゲーム機の中だったら、その人物と巡り合えて結婚さえできちゃうのでした。 パターンを覚えてゲームを極めるとか、サングラスにヒントを書き込んでカンニングするとか、ゲーマーしか知りようのないテクニックもセリフに出てきました。

ゲーマー通販で宅配

 
クックックッ・・・8700Kの力を開放するときがきたわね。 
ただいまお姉様、なにしてますの? 
Σ!?・・・べ、別になにもしてませんわ。 
8700Kをオーバークロックして遊ぼうとしてた? 
まさか。フランが帰るまで大都会新宿(GIGABYTEマザボ)を眺めていただけよ。 
そうですか、黒マテリアすごいですね。 
それほどでもありませんわ。 
やっぱり抜け駆けして遊ぼうとしてた! 
あーもう、悪かったってば。それにまだ試してなかったんだし結果オーライじゃない。 
そんなことより何買ってきたのよ? 
ふふふっ・・・ヒートスプレッダブレイカーよ!これでグリスバーガーの爆熱から8700Kを解き放つわ! 
つまり殻割りツールね。って、いきなり割るつもり!? 
割りたい!心の準備は発売前からできてたわ。 
いきなり割っちゃうと素の性能を確認できないし、後のお楽しみにとっておきましょう。 
えー、仕方ないなぁ。じゃあ割るときは絶対私にやらせてよね! 
そうね(割らせてあげるとは言ってない)   というわけで、前回までで8700KをGIGABYTE Z370 AORUS Gaming 7のマザーボードにベンチ台で仮組したので、今回は殻割りせずに8700Kをオーバークロックして各種ベンチマークをチェックしてみます。(????)どうもみかんです。 8700Kは定格ベースクロックが3.7GHzなので、今までのIntelのメインストリーム帯最上位にしては控えめなんだけど、デフォルトのBIOS設定ではターボブーストが1コアだけ4.7GHzまで伸びるのでかなりのポテンシャルを秘めています。なお、2コアで4.6GHz、3コアで4.5GHz、4コアと5コアで4.4GHz、6コアで4.2GHzとターボブースト値は下がるようになっています。オーバークロックはBIOSから倍率変更のみでALLコア5GHzのオーバークロックがすんなり通っちゃいました(?°?°?)マザーボードによって設定項目の名称がちょっと違うけど、GIGABYTE Z370 AORUS Gaming 7のBIOSバージョン「f4a(2017年11月時点の最新)」の場合は、「CPU Clock Ratio」を"50"に設定するだけで、他設定はデフォルトのままでOKでした。 ちなみにその他のオーバークロックでよく弄る設定項目のデフォルト値は以下のようになってました。・BCLK:100MHz・Uncore Ratio(リングバス倍率):Auto・Internal CPU Vcore(コア電圧):Auto・CPU Vcore Loadline Calibration(電圧降下補正):Autoよりクロックやベンチスコアを引き上げるときはこの辺りを調整してみてね! ちなみにInternal CPU Vcoreは"Auto"だと高負荷時は自動で電圧が上がって、アイドル状態などの低負荷時には下がるので省エネではあるけど、高負荷時に盛る電圧が必要以上に高いので、長時間のエンコードなどで使用する場合は電圧を固定値に直打ち(オーバーライド)するほうがかえって少ない電力や熱で済むこともあります。8700Kの5GHz動作ならCore Voltageは1.300V~1.350Vで十分動くみたい。それ以上必要なら外れ石かも・・・Internal CPU VcoreをAutoにするとみかんの個体では1.400Vを超えることもありました。 メインメモリのオーバークロックにも少し触れておくと、今回使用した「T-FORCE NIGHT HAWK RGB ホワイト DDR4-3200」はXMPを適用するだけでサクッと3200MHzまで上がりました。2年ほど前は3000MHz以上だとメモリタイミングや電圧設定を手動で直打ちしないと安定しないこともあったけど、DDR4メモリのBIOSチューニングが良くなってきたのかもしれません。GIGABYTE Z370 AORUS Gaming 7はDDR4-4133まで対応メモリならオーバークロックできます。ただ、DDR4-4133を32GB積もうとしたらそれだけで10万円弱するし、NIGHT HAWK RGBはDDR4-3200までしか販売されてないのでみかんは諦めました(????)  CPUやメモリがオーバークロックされているかは定番のCPU-Zで確認しています。メモリはDRAM Frequencyの欄に半分の値で表示されます。  それではベンチマークに入りましょう(??????)??PC環境はこちら・ケース:STREACOM BC1 Open Benchtable
・OS:Windows 10 Professional
・CPU:Intel Core i7 8700K
・M/B:GIGABYTE Z370 AORUS Gaming 7
・クーラー:NZXT KRAKEN X52
・メモリ:T-FORCE NIGHT HAWK RGB ホワイト DDR4-3200 8GBx4
・NVMe SSD1:Samsung 960EVO 256GB(システム用)
・NVMe SSD2:Samsung 960EVO 1TB(データ保存兼ゲーム用)
・電源:XFX XTR650
・グラボ:NVIDIA TITAN X Pascal
・グラボ水枕:EK-FC Titan X Pascal - Acetal+Nickel
・グラボB/P:EK-FC Titan X Pascal - Backplate - Black
・ポインプ:EK-DDC 3.25 (Xylem DDC 3.25)
・ハウジング:EK-XTOP DDC - Plexi
・リザーバ:FrozenQ LF Reaction 250mm Reservoir - UV Orange Helix
・ラジエーター:NexXxoS UT60 Full Copper Radiator 360 - White Special Edition
・ラジエータFAN:ENERMAX CLUSTER Advance 3基 バラック組、CPUは240mmラジエータの簡易水冷、ビデオカードは360mmラジエータの本格水冷で冷却しています。テスト時の室温は25.6℃でした。   まずはCPU性能のCINEBENCH。3回連続で実行して3回目のスコアにしてます。ついでにその時の温度、Vcore電圧もHWMonitorで計測。オーバークロックなし(CPU Clock Ratio:Auto、Memory Clock 2133MHz)マルチ1381cb/シングル199cb オーバークロックあり(CPU Clock Ratio:50、Memory Clock 3200MHz)マルチ1610cb/シングル215cb メインメモリのオーバークロックありなしも含めて検証した結果はコチラ。AutoからALLコア5GHzにすることで200cb、メモリのオーバークロックで20cb程度スコアアップしました。  CPUの消費電力や温度なども検証した結果がコチラ。消費電力はAutoではTDPを超えることはないけど、5GHzにオーバークロックすると当然TDP95Wを大きく超えちゃいます。  8700KはCoreXシリーズと違ってゲーム性能も非常に高いのでゲームベンチもチェックしてみましょう?(?????)?ビデオカードはPC環境で紹介したとおりTITAN X Pascalでオーバークロックしています(GPUクロック+225MHz、メモリクロック+450MHz)。実働ではブーストが効いて2088MHzまでクロックが上がります。 3D Mark FireStrike:25152Core i7 5930Kを4.6GHzまでオーバークロックした時のスコアは23197でした。  3D Mark FireStrike Extreme:14814Core i7 5930Kを4.6GHzまでオーバークロックした時のスコアは14083でした。  3D Mark FireStrike Ultra:7905Core i7 5930Kを4.6GHzまでオーバークロックした時のスコアは7564でした。  3D Mark TimeSpy:10505Core i7 5930Kを4.6GHzまでオーバークロックした時のスコアは9755でした。  FF15 紅蓮のリベレーター 1920x1080 最高品質:22830  ファンタシースターオンライン2 キャラクタークリエイト体験版EP4 1920x1080 設定6:139727Core i7 5930Kを4.6GHzまでオーバークロックした時のスコアは103130でした。  いかがでしたでしょうか?倍率変更だけで5GHzを味わえるけど、バラックで90℃超えなので、本格水冷にするor殻割りするorオーバーライドでVcoreを下げるなどの対応をしないと常用は厳しそう。ただ、いず
れも以前使ってた6コアCPU 5930Kと比べてクロックが上がった分、スコアも伸ばせていますし、特にCPU性能が影響しやすいDirectX9のゲーム、PSO2のベンチマークでは35%も性能アップしてたので、噂通りゲーマーには魅力的なCPUといえます(????)4790Kや6700Kの人はターボブーストが上がった分と、2コア増えた分で大きく性能アップが期待できるので乗り換えに良いかもしれません。逆に7700Kの人は2コア増えた分の性能アップしかないため、クロック重視のゲーム用なら乗り換えメリットはほとんどないと思います。また、エンコード専用としては6コアでは力不足で8コアのRyzen7のが良いと思います。(もちろんお金に余裕があるならCoreXやThreadripperのがより良いけど)総合的にみれば5GHzというロマンを持つシングル最速でありながらマルチコア処理もそこそこ速いオールラウンダーなCPUです。12月に入れば初物値も多少落ち着いてくるでしょうし、ボーナスでゲームPCを自作するにはもってこいだと思いますヨ。 殻割りの記事もそのうちあげようと思いますのでご期待ください。それではまた(*・ω・)ノシ ~関連記事~・GIGABYTE Z370 AORUS Gaming 7 開封レビューよ!!・Intel Core i7 8700K(Coffeelake-S)開封レビューよ!!・8700KとZ370マザーでまな板PCを自作よ!!・Intel Core i7 8700K(Coffeelake-S)オーバークロックよ!! (??????)??自作PCのブログランキングに参加中
クリックでランクupしますので応援よろしくお願いします! 

関連記事
  • 理系のためのゲーマー入門

    ゲーマーの中心で愛を叫ぶあのさ、昨日買ったFATEDなんだけどさ…ほら、一応バッドエンドは確認したんだけど、トゥルーエンドはまだだから、それを確認するまでは遊ん ...

    2018/02/28

    ゲーマー

  • ゲーマーを極めた男

    厳選!「ゲーマー」の超簡単な活用法9個皆さんこんにちは!漂流絵師(自称)鳳翔太郎です。「艦これ」提督の皆様、秋イベ開始まで、あと10日ですが、準備の方はいかがで ...

    2018/02/25

    ゲーマー

  • ゲーマー おいしさを笑顔に

    ゲーマーこれさえあれば大丈夫新発売される商品の中から、一押し作品をセレクトして紹介。皆様こんばんは、倉持由香です。昨日はウルトラストリートファイターIV2014 ...

    2018/02/24

    ゲーマー