ゲッツーはもっと評価されるべき

ゲッツー

ワーキングプアなら知っておくべきゲッツーの3つの法則

前半戦やや大冠ペースだったこの試合。

しかし、前半戦最後の東海大仰星・薄田君の一発で流れをほぼ均衡に引き戻す。

試合の流れをしっかりとキープする。勝てるチームの条件なのか。

グランド整備が終わり、勝負の後半戦へ。

六回表、大冠四番、辻君からの攻撃も三人であっさりとスリーアウト。

先ほどの回のホームランからの流れは切れていない予感がした。

「この回危ないなぁ。」

一緒に観戦していた大冠OB陣と私は声を揃えて、そうつぶやく。

傍から見ていると、もしかしたらグランド上の選手たちよりも流れの行方に気づきやすいのかもしれない。逆にグランド上にいないからこそ、「本当の流れ」には気づかないのだが、、、

そんなことを考えていると、仰星、三番の古井君が出塁。続く四番、仲村君のところで、仰星サイドが動く。この回に入り、まっすぐが高めに浮き苦しむ大冠先発、丸山君のボール球先行を利用して、ストライクを取りに来るカウントでエンドランを仕掛ける。これが見事にはまり、無死1、3塁の大チャンスをつくる。ここでも仰星の試合運びの巧さがうかがえた。一点差ビハインドのこの場面。セオリーなら四番打者であっても、先ずは送りバントで同点に向けて準備をする。しかし、仰星の作戦はそうではなかった。相手投手丸山君の疲れが見え始め、なおかつ流れが仰星サイドに傾きかけたところで、一気に流れを引き寄せるヒットエンドランを敢行。リスクのある攻撃ではあるが、流れを的確につかみ、相手投手の弱みとボールカウントによる読みによる裏付けがしっかりと行われた上での、限りなく「成功する確率の高い」作戦を選択したのだ。やはり強い。試合運びのうまさ。それをしっかりと実践できる選手個々のレベルの高さ。近畿大会準優勝は明らかに「偶然」などではない。

しかし、ここで大きかったのはバッターランナーの仲村君がライトがサードへの送球間に二塁へ進めなかったことだ。これは一見どうでもいいことに見えるが、2、3塁と1、3塁とでは大きく違う。1、3塁だと次の打者はゲッツーが頭によぎる。ましてや守備側としては長打さえ許さなければ逆転はされない。という余裕が生まれる。そうすると、バッテリーの攻めも大きく変わってくるのだ。また、一塁にランナーがいると基本的には守備陣は完璧な前進守備をしくことはあまりない。内外野の間のヒットゾーンが天と地の差だ。そしてこのプレーこそがこのイニングのカギを握る。

その後、続く五番及川君が四球を選ぶ。大冠はここを乗り切らないと、勝利は遠ざかる。

ここで去年悔しい思いをした、エースの丸山君が奮起する。

六番、系君を得意の緩い変化で、打ち取る。 吠える丸山君。要所での勝負球を決めてくるあたりはさすが100人を超える部員を誇るチームのエース。

一死満塁とし、続く五番捕手としてチームをまとめてきた津沢君。

仰星サイドとしてはここでどんな形でも同点に追いつかなければならない。

ここでも試合巧者の東海大仰星。なんとか点がほしい場面、その先頭に立つ津沢君はライトへしっかりと打ち上げる。これが犠牲フライとなり、仰星がついに追いつく。

なおも二死1、2塁。ここでやはりさきほどのエンドランの際の進塁できなかったことが効いてくる。バッテリーミスも許されず、一打でニ点差となる2、3塁のプレッシャーに比べ、1、2塁では守る大冠としてはプレッシャーが軽減される。あの進塁を阻止していたことが「小さく大きなプレー」だったのだ。

しかし続く、八番投手の河内君に四球を与えてしまう。

二死満塁とし、九番の途中出場玉川君が変化球をおっつけてライト前ヒット。

ついに逆転。

さらに特筆すべきは、このイニングのほとんどの打球がライト方向。

緩急を駆使した投球をする丸山君に対して右打ちを徹底してきているのだ。

恐ろしいほどの組織野球。部員138人の思いをプレーにあらわす仰星レギュラー陣。

ここで続くのはさきほどホームランを打っている薄田君。

この試合最大のピンチを迎えた大冠サイド。

しかし、なんとか大冠エースの丸山君はここを抑える。最少失点で切り抜けた大冠。

一方、もっと「取れた」はずの仰星。

このイニングは一つの進塁が大きな意味をなした。

力のあるチーム同士の試合ほど、こういった小さなプレーが試合を決定づけるかもしれない。

息のつまる後半戦。

点を取った後の大事な守備、仰星ナイン。

七回表、大冠の攻撃。ここも試合の流れをわたさず、しっかりと三人で打ち取る。

じわじわと近畿大会準優勝チームの片鱗が光り始める。

これが系列としては近畿圏唯一、激戦区大阪に光る「T・O・K・A・I」の真髄なのか。

大冠サイドとしてはいよいよ、嫌な空気が漂ってくる。

その空気をさらに強めるかのように先頭、二番の後藤君が出塁。

丸山君はまっすぐが高めに上ずる傾向が高まる。

一気に畳み掛けたい仰星であったが、丸山君の粘りのピッチングの前に、四番、五番が倒れる。次の一点が試合行方を決めることは両チームの選手がよくわかっているに違いない。

ここでバッターは春の府予選、vs履正社戦で逆転スリーランを放ち、チームを救った五番及川君。少しつまりながらもセンター前へはじき返す。

大きくのしかかる七回裏のスコアボードに刻まれた「1」

ここで大冠は、粘投の丸山君を交代させる。このスイッチは思い切ったように思える。

しかし流れを変える意味でも、打者の目先を変える意味でも、この攻めの継投はよかったのかもしれない。事実、結果的に良い方向へむく。

大冠二番手は右サイドハンドの宮内君。緊迫するこの場面だったが、宮内君は落ち着いていた。六番の系君をしっかりと抑え、ここも最少失点で抑える。

七回終わって大冠2-4東海大仰星。

公立校が強豪私学へ勝つための条件の一つ

「先行逃げ切り」

が、この時点でもう消えている。

じわじわと強さをあらわにする仰星。

やや劣勢に立たされた大冠。

しかし、試合後の大冠の監督さんのインタビューによると

「河内君のまっすぐが衰えはじめていたので、後半二イニングあればいけると思っていた。」

(サンスポより引用)

と話すように、この状況でさえ、大冠サイドには焦りはなかったのだ。

続く、、、

7時間で覚えるゲッツー絶対攻略マニュアル

https://youtu.be/2iuBSMwHha8
名前も知らないアイドルより

新井さんが大好きだ

客席に落ちる 新井さん

打球がぶつかる 新井さん

菊池から逃げる 新井さん

その菊池に 捕まる新井さん wow...
Power to the 新井さん

Pain to the 新井さん

覇気 to the 新井さん

やせ我慢 to the 新井さん

この国の未来より 新井さんが気がかりだ

誠也に話しかける 新井さん

時々ゲッツー 新井さん

腰痛持ってる 新井さん

堂林を待ってる 新井さん wow...
Power to the 新井さん

Tomorrow to the 新井さん

Summer to the 新井さん

筋トレ to the 新井さん
Power to the 新井さん

遠征 to the 新井さん

サウナ to the 新井さん

リフレッシュ to the 新井さん
Power to the 新井さん

護摩行 to the 新井さん

Fire to the 新井さん

不動さん to the 新井さん
Power to the 新井さん

Thanks to the 新井さん

Power to the 新井さん

おれたち to the 新井さん

[広告] 楽天市場
  • バカの瞬発力 (角川文庫) [ ゲッツ板谷 ]
  • 【中古】 スイート・レイン/CD/POCJ-1935 / スタン・ゲッツ / ポリドール [CD]【メール便送料無料】【あす楽対応】
  • 【輸入楽譜】ゲッツ Stan: ジャズ・プレイ・アロング 第132巻: スタン・ゲッツ(カラオケ & 伴奏CD付) [ ゲッツ Stan ]
  • 【中古】 バカの瞬発力 / ゲッツ板谷 / 角川書店 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】
  • スタン・ゲッツ・アット・ストーリーヴィル VOL.1&2 [ スタン・ゲッツ ]
  • ゲッツ・オー・ゴー・ゴー [ スタン・ゲッツ ]
関連記事