パンくずリスト
  • ホーム
  • 被写体
  • そろそろ被写体が本気を出すようです

そろそろ被写体が本気を出すようです

被写体

被写体 生活ごこちを、カタチにします。

『キリトル』
シャァシャァシャァシャァシャァ

軽く高くシャッター音が連続してフレームの中の世界が記録されて行く。

ファインダー越しの景色は、その美しさをより美しくして僕の網膜にも焼き付いている。

「ねえ!ちょっとこれってどうすんの?」

カメラの向こう側の静寂がくるりとこっちを見て一瞬の美を崩壊させた。

早朝の雪景色。

白い息と対照的に真っ赤な唇が僕の名を呼んだ。

「チャンミナ!まったおっれとってんの!?」

「な訳ねえでしょ。自意識過剰なんだから。」

大きなため息が赤く染まりそうな耳を隠してくれる。

「それよりさぁ、このマークなんだったっけ?」
久しぶりのバラエティ番組、半強制的に始めたカメラの楽しさにハマったらしく、ずっと趣味でカメラをしてる僕にいろいろ教えろと押しかけて来たのは昨日の事。
表向きヒョンと住んでいる事になってる部屋に二人で来て、僕の好物ばかりの手料理を振舞ってからのお願いだった。
「朝日が撮りたいんだよ〜。」
久しぶりの休暇、何でそんな早起きしなくちゃいけないんすかね。
テーブルの上の汚れた食器をちらりと見られて降参した。
「雨なら中止ですからね!」
我関せずで食後のストレッチに勤しむヒョンを見やり『勘弁しろよ!』の視線を送るが暖簾に腕押し、ぬかに釘…。
「チャンミナのカメラ見っせて!」
そう言われて部屋に入られそうになって慌てて止める。
「待て!勝手に入んな!」
「あっは〜、やっばいものでもあった?」
力で敵うはずもなく…。
「脱いだら片付けろってずっと言ってたよね!靴下がどうしてここにあんのさ!ゆっのがいないと気が抜けんの?だったらゆっの返すからね!」
「無理!やめて!」
「しぇしゆあ〜!でじゃあと出して〜!」
「待って〜!今行く〜!」
ヒョン、グッジョブです。
ほの暗い夜明け前、そっと起こされ部屋を出る。
「川のとこがいいかもね。」
「この寒さじゃ誰もいなさそうですし。」
「あ!ちょっと!カイロ貼ってる!?背中の真ん中に貼るんだっから!おっれ貼ってあげる!」
するりと忍び込んだ手が薄い服越しに何かを貼って去っていった。
「これでよっし!」
身軽にカメラだけを持ってマンションを出た。
「…珍しいこともあるもんだ。晴れてる。」
「あっめおっとこ1人に晴れおっとこ2人だっからね〜!」
ああ、僕とヒョンが晴れ男ですか。
それでも遠くの雪雲が淀んだ紫色をしてこの天気も長くは持たない事を示していた。

昨日までの積雪で、天然のレフ板も準備されてあとは日が昇るのを待つだけとなった。
「…ジェジュン。」
「んー?」
ファインダーを覗くのに必死な姿をカメラで追う。
「何でカメラ?」
「んー、何でかな。興味はあったんだよね。」
「僕が始めた時、無関心だったじゃないか。」
「だって、チャンミナおっればっかり撮るし、面倒くさい感じ?だったんだもん。」
河川敷の手すりに肘を固定してピントを合わせるのにもたついていた。
「それにさ、あの頃俺たち撮られすぎてカメラを見るのも嫌だったのに、何でカメラだよ!って思ってた。」
顔をこちらに向けて笑う。
「でもさ、こないだの番組で楽しかったんだよねー。」
「そうですか。」
「うん、そう。」
その笑顔を一枚切りとった。
「あの頃、いっぱい、たくさん撮ってもらってたのってすごいことなんだなって。」
「写真を?」
被写体の一瞬をキリトル、そんな感じだったんだって。
俺たち撮られたものちゃんと見てなかったなってさ。」
ふと視線を上げた横顔を切りとった。
「チャンミナ!みって!太陽!出た!きっれーーー!」
金色に光るビル群を背景に、キラキラと輝いている笑顔を切りとった。
「写真を撮るんじゃなかったのかよ?」
慌ててファインダーを覗こうとするのを目隠しして止める。
「直接太陽の光見るなって!バカだろ!おん!?」
「水面の水蒸気撮りたい!」
「じゃあ、そこ狙って。」
「キラキラさせたい!」
「何をだよ?」
「いま!今雪降って!」
「できるか!」
それでも楽しげにシャッターを押し続けていた。
その姿を。

僕はこの瞬間を、この一瞬のあなたを閉じ込めた。

切り取られた一瞬は僕のものだから。

ずっと昔から、そんな一瞬を僕は心と目に焼き付けている。

「…誕生日、おめでとう。」

そのつぶやきが届くことはなかったはずだ。

構えたカメラの向こう側、金に輝く髪と白く輝く肌と、真っ赤に染まった唇が。

『ありがと』

そう動いた。

気がした。

「チャンミナ!まったおっれ撮ってんの!?」
戻ってきた現実。
それとタイミングよくジェジュンの背後に現れる影。
「しぇしゅあ、さぶい。」
「ゆっの!お前バカなの?何でそんな薄着で出てくんだよ!」
「あたためて。」
「無理!もう!さっさと部屋戻るから!」
後ろから抱きついて離れないガキのようなヒョンと一緒に僕から離れていく。
「チャンミナ!風邪ひくからさっさと戻ってこい!」
「…写真を撮るって言ったの誰だよ!おん!?」

まあいいです。

欲しい一瞬は僕のものになりましたから。
「あ、そうだチャンミン!今日撮ったのデータごと俺に渡せよ。」
肉食獣の顔を垣間見せてニヤリと嗤う背後霊。
取られる前にコピーしなくちゃなんねいです!

おしまい

ジェジュン様、お誕生日おめでとうございます。
ますますのご活躍と、リア充な生活を送ってくださいませ。
匂わせもばしばしのがんがんでお願いします。

被写体をインターネットで買っちゃおう。

#グラビアアイドル #グラドル #japanesegirl #gravure #photogravure #shooting #撮影 #followme #hip #競泳水着 #swimsuit #gallerywall #igersjp #swimwear #Instagramjapan #portrait #portrait_shots #bestphotogram_portraits #instaportrait #instagood #被写体 #写真好きな人と繋がりたい#写真撮ってる人と繋がりたい稲森美優さん(@miyuuinamori)がシェアした投稿 - 2018年May月10日pm10時08分PDT

[広告] 楽天市場

  • 「デジタル一眼レフ」手軽できれいなテーブルフォトの撮り方教えます 被写体別に解説!/関川真佐夫/・文シータス【2500円以上送料無料】
  • 【中古】 ハンディ版被写体別撮影テクニック /趣味・就職ガイド・資格(その他) 【中古】afb
  • 【新品】【本】写真の教室 61(2015Summer) 〈特集1〉ぜひ写したい夏の被写体大集合
  • 長嶺輝明の「かわいい」写真術 誰も教えてくれなかった「被写体探し」と「空気感」の
  • 激撮!お召列車 鉄道写真の最高峰!究極の被写体 特別企画名古屋〜稲沢 貨物銀座稲沢線徹底ガイド 特集DC特急撮り鉄紀行 (COSMIC MOOK 鉄道を撮る) (単行本・ムック) / コスミック出版
  • 【中古】 写し方見本帳 朝昼晩 被写体は身近にあり ありふれた光景が作品に 撮影チャンスは日に三度あり 日本カメラMOOK/石川松五郎(著者)加賀淺吉(著者)桐谷茂生( 【中古】afb
関連記事