あまりゲッツーを怒らせないほうがいい

ゲッツー

ゲッツー 人生をごいっしょに

4年今村です

4月から始まった春のリーグ戦も早くもラストとなりました。

それでは、順天堂大第3回戦の試合レポートです!

1.(一)大北(桐朋②)
2.(二)大崎(都立駒場③)
3.(遊)里吉(県立浦和④)
4.(投)前野(洛星④→(中)前野
5.(三)大西(土浦第一③)
6.(捕)加藤(川和③)
7.(左)川村(都立国立④)→(右)川村→(投)田坂(県立浦和③)
8.(右)木村(東農大一②)→(左)長谷川(長田④)
9.(中)川畑(修猷館④)→(右)川畑

順天 000 202 100 ||5
一橋 000 000 020 ||2

今日の試合、1?3回の序盤は大きな試合の動きはありませんでした。

1回表、

先頭打者をピッチャーゴロで抑えるも、四球を出して、1死一塁。

その後、ショートのフィルダースチョイス(野手選択ミス)で1死一、二塁のピンチを迎えます。

しかし、3番打者をサード→ショート→ファーストのゲッツーで3アウト!サード大西の好守が光りました?

2回・3回は、前野がエースの本領発揮(?)で危なげなく三者凡退に抑えます。

しかし、対する一橋の攻撃は、序盤は相手投手のボールに打ちあぐねる、といった様子でチャンスをつくることが出来ません。

試合が動いたのは4回表、

先頭打者に左中間へのツーベースヒットを許すと、送りバントで、1死三塁、

そして犠牲フライで1点を先制されます。

その後、四球で2死一塁としたのち、ライトにタイムリーを打たれ、この回2点を先制されてしまいました。

後のミーティングでも話にあがりましたが、一塁からいきなりホームに返ってこられた一橋側のミスもありました。

反撃したい一橋は、5回裏、

7番川村、木村から交代した8番長谷川が三振に倒れるも2死から、9番川畑がレフト前ヒットで出塁します!!

続く、大北も同じくレフト前ヒットで一、二塁のチャンス!

しかし、2番大崎がピッチャーゴロに倒れ、得点にはなりません。

6回表、再び相手のクリーンナップにヒットが続き、1死一、三塁のピンチを迎えると、6番の左中間へのタイムリーで2点を追加されます。

一橋も6回、7回とヒットは出るも、後続が続きません。

7回からは、投手が前野から田坂に変わります!

サードゴロのあと、四球を出し、1死一、二塁。

その後、セカンドゴロで2死二、三塁となります。

ここで、3塁ランナーに代走我が出て、相手ベンチが少し盛り上がりを見せました。

少し気になりましたが、この状況を待っていたのでしょうか、

二塁ランナーが飛び出すと同時に三塁ランナーがホームに突っ込み、ホームスチール成功! 

1点を追加され、0?5と更に離されます。

初めて見たホームスチールに、相手の攻撃ながら、おお、と思ってしまいました。

しかし、一橋も中盤からヒットも出始め、

反撃の空気は出てきました。

8回裏、先頭の3番里吉がセンター前ヒットで出塁、5番大西の打席中での捕逸と四球で、1死一、二塁。

加藤は粘りますが惜しくも見逃し三振で、2死1、2塁。

ここで、7番ピッチャー田坂!

今日一番の長打がピッチャーから出て、

タイムリースリーベースヒットで2点を返します!!

続く、8番長谷川は、ファウルで粘りますが最後は空振り。

しかし、一橋の反撃もここまでで、

2?5で、試合終了しました。

ーーーーーーーーー

今日の試合、私は、

野球における「守備」と「走塁」の大切さを強く感じました。

2?5というスコアを見るとそれなりに差が開いていますが、実はヒット数は一橋の方が多いです。試合中、スコアを記録していた実感としても、打撃面で押されているという実感はあまりありませんでした。

それなのに、2点を返した8回を除いて、基本的には試合の流れはずっと順天堂大学にあったな、と思います。

どうしてかなあ、とボチボチ考えてみると、

「守備」「走塁+連続ヒット」の違いではないか、ということになりました。

「守備」ですが、一橋の方がヒット自体多かったと書きましたが、”ヒット性の当たり”であれば、もっと沢山ありました。そしてその”ヒット性の当たり(=ヒットになってもいいのにならなかった)”は、回の先頭打者と1つのヒットの次の打者に多かった印象です。

つまり、相手の守備によって、チャンスの芽が摘まれたor出なかった、ということかもしれません。点数を取られないために守らなければいけないところを守る守備、その守備力の高さ、を感じました。

また、「走塁+連続ヒット」に関しては、相手の5点の点数の取り方が、まさにこの2つのコンボだったからなのですが、相手の6本のヒット中、5本が何かしら実際の点数に貢献しているヒットです。

そして、代走を出してのホームスチールや、少しの隙を突く一塁からホームへの生還、など、野球はボールで点数が入るのではなく「人の足」で点数が入るスポーツであることを改めて感じさせるプレーの数々でした。

トータルで、「守備と走塁の攻撃力」が盤石でした。

一橋のエースが良いピッチャーであること、はきっと分かっているのだろうと思います、その中でどうやって「打たずに勝つか」(逆に言えば「打てなくても勝てる」?)を、チームできちんと抑えていたのかもしれません。

あるいは、3部は良いピッチャーばかりなのでそういう闘い方も当たり前なのでしょうか。

試合中の雰囲気も含め、凄く尊敬するチームだと思いました。

ーーーーーーーーー

平成29年度春季リーグは、

5勝7敗 勝ち点2で3部残留、という結果に終わりました。

「3部残留」は●十年ぶりの快挙です。

ずっと厳しい試合、しんどい試合が続き、

「終わったアア!」というところが本音かもしれません(きっとそう)が、

ちょっと落ち着いてからまた、秋、本気で「三部優勝」を目指せるチームをつくります。

応援ありがとうございました。

そして今後ともよろしくお願い致します。

\\応援ありがとうございました!!//

ゲッツー おいしさは、しあわせに向かう

めちゃくちゃ多いわけではないけれども、巨人の併殺。

攻めていきたいときに、ゲッツー

なんだか、相手のバッテリーに幻惑されているような感じ。

昨日は3つ、今日は2つだけれどもやたら多いような…

阿部慎之助が2000本安打達成したものの、負けたからそんなにうれしくないかも。

でも、ここまで、けがもあって苦難の道だったから、さすがというほかない。

おめでとう。

今日の試合は、1回裏で勝負あったね。

今村信貴は、久しぶりの先発で浮き足だったような。

左投手にしては速いストレートとシュートを持っているのだから、あとはコントロール。

2回、3回の投球を糧にして頑張ってほしいところ。

まだ23歳の若手。

高校出身だから6年いるのだけれども、もうちょっと成長してほしいね。

もし↓良ければクリックお願いします

[広告] 楽天市場
  • 板谷遠足 (角川文庫) [ ゲッツ板谷 ]
  • ゲッツ・ジルベルト・アゲイン +3 [ スタン・ゲッツ ]
  • ゲッツ/ジルベルト ?50周年記念デラックス・エディション [ スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト ]
  • 【中古】 ザ・サウンド /スタン・ゲッツ(ts)アル・ヘイグ(p)ベンクト・ハルベルク(p)ホレス・シルヴァー(p)トミー・ポッター(b)ジョー・キャロウェイ 【中古】afb
  • 【中古】 ズタボロ /ゲッツ板谷【著】 【中古】afb
  • やっぱし板谷バカ三代 (角川文庫) [ ゲッツ板谷 ]
関連記事